花と緑を愛するフリーアナウンサー・ナレーター・朗読家(要するによろずおしゃべり家?)、中村クーミン(プロフィールはこちら )が運営しております。

花と緑との日々の触れ合いを速報!・・・「日記」

公開日の誕生花の花言葉とうんちくをおしゃべり・・・「春夏秋冬の花と花言葉」

「会いたい!」と思った方に花と緑を介してお目にかかり、あれこれお話をうかがう突撃インタビュー・・・「華のある人々」

などなどのプログラムでお届けしております。(左下の「カテゴリー」からお入り下さい)

どうぞ気ままにお楽しみ下さいませ! 各画像はクリックで拡大します。

ちなみに「本家」サイトはこちら・・・花言葉事典

2014年03月30日

3月30日の花と花言葉「ダイコン」

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。
2014年も、続々ソメイヨシノ開花。
今回は「新旧融合・ハイブリッド更新」でお送りします!

まずは新部分、
すみません趣味のおしゃべり^^;

熱戦感激! フィギュアスケート世界選手権「男女シングル私見」です。
何も言うまい、最後まで・・・5分2秒です。



そしてそして、「旧」部分は、野菜の花言葉で行ってみよう!
2008年制作です。

       〜 〜 〜  〜 〜 〜 〜 〜 〜

フラワー・ステーションVol25「ダイコン」です。
花言葉は「潔白」。

古くからおなじみの野菜として、日夜大活躍してくださっておりますね。

いくら食べても「あたらない(おなかを壊さない)」ことから、どんな役でも「あたらない(評判にならない)」役者のことを、「ダイコン役者」と称したりもいたします。

あたらない・・・どころか、消化酵素「ジアスターゼ」を含むので、消化を助けてくれる偉いお方です。

ナノハナを白くしたような、可憐な4弁花。
なかなかお目に掛かる機会は少ないでしょうか。


ダイコンの花

各地で品種改良が進み、「ご当地ソング」ならぬ「ご当地ダイコン」もおなじみですね。「練馬大根」やら「桜島大根」やら。

「カイワレダイコン」は、大根の芽です。スプラウト、ってことですね。

さて、今回はなじみぶかい存在と言うことで、音声部も盛りだくさん。
9分33秒となりました。
後半は、「野菜つながり」で、クーミンが平行して発行してますメールマガジンでこの間話題にした、とある野菜の「健康効果」について、読者さまからいただいたメールも交えながらお話ししております。

けっこう、興味深いネタ(とくに男性諸氏には!?)・・・どうぞ最後まで〜!

posted by クーミン at 12:02| 春(3・4・5月)の花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

「名残りの梅」を見てきました。

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回はテキスト&画像の更新です。

先日、都内の梅の名所「青梅市 梅の公園(吉野梅郷)」に行ってきました。

じつはここ、今年(2014年)のシーズン終了後、
園内のすべての梅の木を伐採してしまうため、
しばらく「見納め」となってしまうのです。

原因は、未だ駆除方法がみつかっていない「プラムポックスウイルス」。
葉や実に斑点が出て、生育不良になってしまうという病気で、
アブラムシを介してどんどんと蔓延してしまうそうな。

もちろん、人畜無害ではありますが、
梅の木にとっては、非常にやっかいな存在。
根絶を期して、いったん伐採、再生をはかることとなりました。

数年にわたって見られないだろう・・・ということで、
せっかくだから行ってみるかと。
(じつは数年前にも行ってるんですが)

寒さが厳しかったせいか、彼岸入り後でしたが開花はボチボチ。
園内には、2月半ばに降った雪が残っていました。

吉野梅郷

吉野梅郷遠景

吉野梅郷入園券

白梅アップ

紅梅アップ

今後は、スイセンやら福寿草やらで凌いで(!?)、
数年後の復活をめざすとのこと。

「梅の里」復活まで、しばしのお休みです。


タグ:吉野梅郷
posted by クーミン at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

3月15日の花と花言葉「ワスレナグサ」

四季折々の花と花言葉のポッドキャスト「フラワー・ステーション」。

2014年も、出会いと別れが交錯するシーズン・春がやってきました。
(いまいち暖かくないようですが^^;)

「よき出会い」と「人の縁」を「忘れない」ために、
2009年制作の「この花」の回を浮上させていただきます。

  〜 〜 〜   〜 〜 〜   〜 〜 〜
 
今回ご紹介の花は「ワスレナグサ」。
花言葉はスバリ「私を忘れないで」。

漢字では「勿忘草」と書きます。

歌のモチーフともなっている、ロマンチックなイメージを抱かせる花であります。爽やかな青色が印象的。

wasurenagusa.jpg

名前&花言葉にちなんだドイツの伝説がありまして、「花の伝説」界ではメジャー度の高いものの一つ。
(・・って客観的にはどの程度メジャーなのかは、微妙と言えなくもない?)

そんな悲恋伝説などをご紹介している音声部。
変則的1部構成・8分17秒でございます。
後半はちょいと編集に凝りつつワスレナグサの悲恋伝説をご紹介!
ぜひぜひ最後まで!


posted by クーミン at 19:00| 花の伝説・ものがたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

「早春の花」おまとめご紹介!

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回は「早春の花」おまとめご紹介!
2014年は、本格的な春到来まで「あと一歩」の感がありますが・・・
せめて気分だけでも、春ららら〜♪♪


3月24日の花「カタクリ」
早春の儚い命(スプリング・エフェメラル)とも称されます。2013年制作。
この年は、東京のソメイヨシノ開花は、早かった。

2月19日の花「スミレ」
「守ってあげたい」野に咲くスミレ〜
2012年制作。


そして、「3月11日」の花。
こちらも、2012年制作です。
1年経って思うことも、オハナシさせていただいてます。
3月11日の花「フリチラリア」

まもなく、3年経ちますが。
月日の経過が「解決すること」と「複雑化・拗らせる(こじらせる)こと」は、
とってもハッキリしてきていますが、多いのは、圧倒的に後者。

どうしたものでしょうか。

相変わらず、自分の立ち位置で「やれることを、やる」毎日でありますけれど。
posted by クーミン at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

「ややレア」な面々?

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回はテキスト&画像の更新です。

東京近辺は本日(2014年3月2日)、
小雨降る、ど〜んよりした空模様。

弥生っぽくない寒さに震えております。

せめて視覚くらいは、暖かめに? ってことで、
昨年訪問した「山中湖・花の都公園」(花の都公園公式サイト)の、
温室内の花々をアップ!

ふだん町中ではあんまり見かけない面々だと思いますが、
いかがでしょう?

香りの花・ヘリオトロープ。
薄紫のかわいいお花です。

ヘリオトロープ

ゴクラクチョウカ(極楽鳥か!? じゃなくって「極楽鳥花」!)。
ゴージャスな花型。

ゴクラクチョウカ

トケイソウ(時計草)。
見れば見るほど、不思議な造形。

トケイソウ

バンダ。(「パンダ」じゃないよ、ばんだ だよ)
このような青系は、ランでは珍しい色味だそうです。

確かに、「遺伝子組み換えで青い胡蝶蘭をつくった」のが、
ニュースになりましたからね。

すがすがしい雰囲気です。

バンダ

「桃の節句」も控え、
もうすぐ春がやってくる、ファイトー!
(・・・花粉もね・・・該当される方、対策を!)
posted by クーミン at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする