花と緑を愛するフリーアナウンサー・ナレーター・朗読家(要するによろずおしゃべり家?)、中村クーミン(プロフィールはこちら )が運営しております。

花と緑との日々の触れ合いを速報!・・・「日記」

公開日の誕生花の花言葉とうんちくをおしゃべり・・・「春夏秋冬の花と花言葉」

「会いたい!」と思った方に花と緑を介してお目にかかり、あれこれお話をうかがう突撃インタビュー・・・「華のある人々」

などなどのプログラムでお届けしております。(左下の「カテゴリー」からお入り下さい)

どうぞ気ままにお楽しみ下さいませ! 各画像はクリックで拡大します。

ちなみに「本家」サイトはこちら・・・花言葉事典

2014年04月27日

晩春の彩り、いろいろ。

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回はテキスト&画像の更新で参ります。

日に日に強くなる日差し、
お肌には大敵ですが(!?)、
植物の生命力を燦然と輝かせてくれる偉大なる力でありますよ。

新緑と青空。
新緑と青空

「かがり火」のようなシャクナゲ。
シャクナゲの花(その1)

シャクナゲの花(その2)

芳香漂わせるスズラン。
可憐この上ない姿ですが、けっこうな有毒植物!
スズラン

いよいよ大型連休・・という方も、
そうでない方も、

身近な植物を愛でに、お出かけしてみては?
posted by クーミン at 11:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

「つれづれ花散歩」シバザクラ編!

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回は管理人の「シバザクラの群生地、いままでここに行ってきた」!
レポートをぽつぽつオハナシしております。

いままでに、
埼玉県の「羊山公園・シバザクラの丘」
山梨県の「富士芝桜まつり」に行ってきました。

どちらも見事な花の絨毯を楽しめる群生地。

では、音声部をお聞きください。4分44秒。


どちらも「行ってきた」レポートを公開しておりますので、
よろしければご覧下さいませ。

「羊山公園」
(訪問してから時間が経過しているので、
 詳細は微妙に変わっているかもしれません 2007年訪問)

「羊山公園」行ってきたレポート

「富士芝桜まつり」
(こっちは2013年訪問、
 2014年は4月19日スタートですが開花は遅れ気味だそうです)

「富士芝桜まつり」行ってきたレポート
posted by クーミン at 13:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

2014年、葉桜の頃。

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回はテキスト&画像の更新です。

2014年も4月中旬、
東京都心部のソメイヨシノは、ほぼ葉桜になりました。

でもワタクシ、けっこうこの状態のソメイヨシノに、
「いとをかし」な美しさを感じたりするのですな。

緑と赤紫(花軸)のコントラストが、
なかなかサイケデリック!

ソメイヨシノの葉桜


hazakura02.jpg

名残の花もちょっぴり咲いています。

で、我が家のパンジーは花盛り。

我が家のパンジー

ご近所の菜の花も花盛り。
2014年の葉の花

2014年も次々花咲く美しさ、
変わらない彩りをじっくりと楽しみたいものです!
posted by クーミン at 15:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

4月6日の花と花言葉「ナスタチウム」

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々を気ままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回は「温故知新」シリーズ(!?)、
2008年制作分を「再浮上」させていただきます。

2014年4月6日の東京は、
晴れたり曇ったり雨が降ったり雷なったり、まっこと忙しい空模様なんですわ。

ソメイヨシノがはらはら散って、
揺れる乙女の心模様みたいな春の一日でありますが!

改めまして、「今日の花」、どうぞ!

    〜 〜 〜    〜 〜 〜   〜 〜 〜


フラワー・ステーションVol26「ナスタチウム(ナスターチウム)」です。
花言葉は「愛国心」。

別名は「ノウゼンハレン(凌霄葉蓮)」「金蓮花」など。
花が「ノウゼンカズラ(凌霄花)」に似ていて、葉が蓮に似ている・・・というのが由来だそうな。

葉も花も、色と形が、はっきりかっきりしている印象。
ある意味「強そう」?


ナスタチウム

「山岳地帯」がお里なので、涼冷かつ風通しのよい環境がお好み。
日本の盛夏は、しばし開花をお休みします。

そして、見て楽しむだけではない用途もありまして・・・・

そんなこんなをおしゃべりしている音声部。
1部構成、6分7秒でございます。
サクラのお花見の合間に、お楽しみ下さいませ!




posted by クーミン at 08:00| 春(3・4・5月)の花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする