花と緑を愛するフリーアナウンサー・ナレーター・朗読家(要するによろずおしゃべり家?)、中村クーミン(プロフィールはこちら )が運営しております。

花と緑との日々の触れ合いを速報!・・・「日記」

公開日の誕生花の花言葉とうんちくをおしゃべり・・・「春夏秋冬の花と花言葉」

「会いたい!」と思った方に花と緑を介してお目にかかり、あれこれお話をうかがう突撃インタビュー・・・「華のある人々」

などなどのプログラムでお届けしております。(左下の「カテゴリー」からお入り下さい)

どうぞ気ままにお楽しみ下さいませ! 各画像はクリックで拡大します。

ちなみに「本家」サイトはこちら・・・花言葉事典

2016年09月29日

華のある人々「香水メーカー『武蔵野ワークス』国分タロウさんインタビュー(後編)」

2016年、ぐずぐずながらも秋到来、

心惹かれる香りの花・キンモクセイの開花を祝って(!?)、

「キンモクセイの香水」製造・販売に携わっていらっしゃる「華人」インタビューを再浮上させていただきます!(2012年取材)

       〜 〜 〜   〜 〜 〜   〜 〜 〜

「フラワー・ステーション」ゲストインタビュー「華のある人々」。

香水の製造・販売をてがける有限会社武蔵野ワークス・国分タロウさんインタビューの後編です。
(ちょっと下にスクロールして、「前編」から見て聞いて下さいませ!)

東京・武蔵野地区から「ニッポンの香水」を発信し続けている国分さん、
香りの世界に足を踏み入れたキッカケは・・・?
武蔵野ワークス・国分タロウさん近影

国分さんご自身についてもいろいろお伺いした後編、7分46秒です。
※本編中「株式会社」武蔵野ワークスとご紹介しておりますが、
正しくは「有限会社」武蔵野ワークスです。あらかじめ、おわびして訂正させていただきます。
(2012年10月17日・武蔵野ワークス事務所にて取材)


本編中ご紹介いただいた「香水ミニボトル」。

一回につけるのは、ほんの少々ですから、これは確かに結構使えますよ。
178円とは・・・お買い得っ!(10円玉から大きさをご想像あれ ※2016年現在消費税アップに伴い183円になっています)
musasino07.jpg


取材中、何種類か香りのテイスティング(スメリング?)をさせていただきました。

国分さんオススメは・・・その名も「樹海」!

ユニセックスで深みのある、「オトナの香り」でした。
(アタシにゃ10年早い!?)

武蔵野ワークスの香水は、そのほかにも、味わって(嗅いで)みたくなる魅力的なラインナップがずらり。

個人的には、「シャクヤク(=サラ・ベルナール)の香り」、リクエストさせてくださ〜い!!

国分さんはじめスタッフの皆様、お忙しいところありがとうございました。

武蔵野ワークスの公式サイトはこちら
「香水ミニドラマ(CM)」は力作揃いです! 必見。
(「金木犀」に涙したアタクシ・・・)
posted by クーミン at 11:58| 華のある人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華のある人々「香水メーカー『武蔵野ワークス』国分タロウさんインタビュー(前編)」

2016年、なんだか天候不順の秋ですが、
東京近辺では、祝! 開花「キンモクセイ」!

毎年心惹かれる香りの花・キンモクセイの開花を祝って(!?)、
「キンモクセイの香水」製造・販売を手がけていらっしゃる「華人」インタビューを再浮上させていただきます!(2012年取材)

     〜 〜 〜    〜 〜 〜   〜 〜 〜
   
四季折々の花と花言葉、管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。
今回はゲストインタビュー企画「華のある人々」です!

さて、「秋の香り」と言えば・・・

「サンマ」?
「マツタケ」?
それとも「栗ごはん」?   ← なんか食べ物ばっかりでんな

いえいえ忘れちゃ〜ならないのが「キンモクセイ」の香り!
どなたも「ああ、あの香りね」と思い浮かぶのではないでしょうか。

2012年も、そろそろキンモクセイの香りの季節を迎えようかと言うある日、
このサイトの親玉サイト「花言葉事典」へ、
「キンモクセイの香水に関するリンク設置をお願い出来ませんか」と、
一通のメールをいただきました。

さっそくサイトを拝見すると、
「キンモクセイの香りそのもの」を全面に押し出した香水がご紹介されていたんです。
そのサイトは・・・こちら


「キンモクセイの香りの香水」・・・
そう言えば、私の知る限り、キンモクセイの香水って、見たことないよな〜。

見当たらないと思いませんかっ!?(お酒はポピュラーですけど)

はてさて、「キンモクセイの香水」とは如何に!?
製造・販売を手がけていらっしゃる香水メーカー・武蔵野ワークスにお邪魔してきました。

お話しを伺ったのは、営業ご担当・香水アドバイザーの国分タロウ(こくぶ・たろう)さんです。
発送作業の真っ最中!
武蔵野ワークス・国分タロウさん

では、まずインタビュー前半をお聴き下さい。
※オープニング・エンディングで「株式会社」武蔵野ワークスとご紹介しておりますが、
 正しくは「有限会社」です。あらかじめ、お詫びして訂正させていただきます・・・。

「キンモクセイ香水」の概要や、おすすめの使い方などを伺っています。7分49秒。
(2012年10月17日・武蔵野ワークス事務所にて取材)


全国に金木犀の香りが届けられていきます!
武蔵野ワークス・香水発送作業

武蔵野ワークスの公式サイトはこちら
でもって、キンモクセイの花言葉はこちら!
posted by クーミン at 11:52| 華のある人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

「2016年のヒマワリ畑」、大団円!

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々を気ままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回は「2016年、夏の振り返り」。

ご近所に現れたヒマワリ畑の顛末結末をお送りいたします。

真夏をひととき彩った後、あっさり、更地となりました。

16himawari_end.jpg

更地アップ!

そのまま放置して、タネを採るのかしらん・・・なんて思っていたのですが、

そうではなかったのですね。

さて、地主さんの真の目的は!?

衝撃の真相(!?)は音声部にて!
3分47秒、秋の入り口のお供にどうぞ最後まで。

posted by クーミン at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

9月19日の花と花言葉「オミナエシ」

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々を気ままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

2010年制作の「今日の花」再浮上、です。

「秋の七草」・・・全ておわかり(暗唱可能)でしょうか。

食べられる「春の七草」に比べ、現代ではかな〜り影が薄いかな^^;
(現実的な。。。)

開発で「野原」が減って、自生の絶対数が減っている、ってのが、

やはり大きな要因ではないでしょうか。

・・・ってことで、改めまして。


  〜 〜 〜   〜 〜 〜   〜 〜 〜


今回ご紹介の花は「オミナエシ」。
花言葉は「親切」です。

「秋の七草」の一つ・・・・ですが、じつは「おなじみ」では決してないんですねぇ。
近くで見たことあります?

オミナエシ

かつてはありふれた「野の花」でしたが、自生個体は開発などで数が減ってるんだそうです。
たしかに改めて考えてみると、「空き地」「野原」って、結構少ないかも(都市部ではとくに)・・・。

漢字では「女郎花」と表記。
対をなす「オトコエシ」もありますよ〜。

名前の由来を中心にお話ししてます音声部。1部構成・5分ジャスト!

日本人が古くから愛でてきた、奥ゆかしい美しさのご堪能の一助にどうぞ。

posted by クーミン at 17:00| 秋(9・10・11月)の花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

こっちでも、喋ってます。

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々(など)を気ままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

台風ラッシュにきびしい残暑などなど、
モヤモヤ落ち着かない秋の始まりですが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は「別地にて喋ってます」情報。

住宅パース(見取り図)などの作成ソフト、
「3Dマイホームデザイナーpro9」PRムービーです。

じつはワタクシ、
けっこうな「間取り図フェチ」でして^^;

住宅情報誌があれば、

「この部屋はこう使って・・・」
等々、妄想夢想に浸って半日つぶせます。
(ヒマなんかい)

もとい、プロユースの優れものソフト、
こちらも夢がふくらみます!

posted by クーミン at 17:20| お知らせ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする