花と緑を愛するフリーアナウンサー・ナレーター・朗読家(要するによろずおしゃべり家?)、中村クーミン(プロフィールはこちら )が運営しております。

花と緑との日々の触れ合いを速報!・・・「日記」

公開日の誕生花の花言葉とうんちくをおしゃべり・・・「春夏秋冬の花と花言葉」

「会いたい!」と思った方に花と緑を介してお目にかかり、あれこれお話をうかがう突撃インタビュー・・・「華のある人々」

などなどのプログラムでお届けしております。(左下の「カテゴリー」からお入り下さい)

どうぞ気ままにお楽しみ下さいませ! 各画像はクリックで拡大します。

ちなみに「本家」サイトはこちら・・・花言葉事典

2016年07月03日

7月3日の花と花言葉「ハス」

四季折々の花と花言葉のポッドキャスト「フラワー・ステーション」。

なんだか「梅雨明けた?」みたいなピーカン、

30度越えの東京近辺です。

いよいよ2016年も、夏、開幕か!?

2011年制作の「今日の花」再浮上!



   〜 〜 〜   〜 〜 〜   〜 〜 〜


今回ご紹介の花は「ハス」です!(なんか語呂いいですね〜『はすです』)

・・・もとい、花言葉は「雄弁」。


奈良の大仏はこの花を模した台座に乗っておりますよ。
どこか神々しい雰囲気を漂わせる、「オーラのある」花。
インドでは、「極楽浄土」はこの花の形である、とされているそうな。

ハス

どっこい根っこは「レンコン(蓮根)」として庶民の味として親しまれております。
このギャップがなんとも^^;

ともあれ、水の中からすーっと花開く姿は何とも涼しげな佇まい。


芥川龍之介の「蜘蛛の糸」、冒頭のシーンは「極楽の蓮池」です。
お釈迦様は、蓮池の淵をぶらぶらとお散歩されております。ああ何と神聖な。

【送料無料】蜘蛛の糸

【送料無料】蜘蛛の糸
価格:550円(税込、送料別)



日本人との古くからご縁などについてもお話ししてます音声部。
1部構成・6分6秒でお送り致します。
最後の最後でちょっぴり私的なご報告〜・・・さあ一体何なんだ!?

ヒントは「誕生花はその日生まれの人を表すもの、ではないが、『そうありたい』と願うのは、有り」・・・ますます精進いたしますデス、はい。

ではでは最後まで。熱中症ご注意!



本編中の「おおがハス(大賀ハス)」については、こちら(ウィキペディア)に詳しく。
タグ:ハス 花言葉
posted by クーミン at 12:45| 夏(6・7・8月)の花と花言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする