花と緑を愛するフリーアナウンサー・ナレーター・朗読家(要するによろずおしゃべり家?)、中村クーミン(プロフィールはこちら )が運営しております。

花と緑との日々の触れ合いを速報!・・・「日記」

公開日の誕生花の花言葉とうんちくをおしゃべり・・・「春夏秋冬の花と花言葉」

「会いたい!」と思った方に花と緑を介してお目にかかり、あれこれお話をうかがう突撃インタビュー・・・「華のある人々」

などなどのプログラムでお届けしております。(左下の「カテゴリー」からお入り下さい)

どうぞ気ままにお楽しみ下さいませ! 各画像はクリックで拡大します。

ちなみに「本家」サイトはこちら・・・花言葉事典

2012年10月07日

赤く咲くのは〜ヒガンバナ!

四季折々の花と花言葉、はたまた管理人の花と緑と野菜との触れ合いの日々をきままに語ったり綴ったり「フラワー・ステーション」。

今回は管理人の「つれづれ花日記」をお送りします。
日本一のマンジュシャゲ(ヒガンバナ)群生地・埼玉県の「巾着田(きんちゃくだ)」に行ってきました!

まずは「行ってきた」レポートをお聴き下さいませ。5分46秒です。


マンジュシャゲ群生地としては日本一の規模を誇るとして、メディアにも積極的に露出。
今やその経済効果たるや、すごいものになっているのでは!?
(・・・ってあんまりこういう尺度で見るのも切ないのですが^^;
 キレイなものはいいもんだ! でええじゃないか〜)

みごとな咲きっぷり!
木立の緑とのコントラストも鮮やかです。
ぜひ、クリックして拡大画像をご覧下さい。
巾着田のマンジュシャゲ群生

巾着田のマンジュシャゲ群生

巾着のような形に蛇行している川の河原沿いに群生地が拡がっています。
河原でのんびりできるのも高ポイント。
(アタクシも弁当持参でまったり〜)
kintyakuda03.jpg

平日にも拘わらず、なおかつ彼岸もだいぶ過ぎているのに結構な人出。
みなさま開花状況チェックに余念なきようで。
巾着田のマンジュシャゲ群生

花の群生地は数あれど、鮮やかさ華やかさは極上。
私もそうですがリピーターになっちゃう魅力に溢れておりますよ。
日本の原風景のようなのどかな空気も味わえます。

巾着田公式サイトはこちら


posted by クーミン at 11:57| つれづれ野菜&花日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。